2005年12月05日

HASTA LA VISTA, BABY

原博実監督との来季契約について
[12/4(日)]
FC東京は、今シーズン末をもって契約が満了する
原博実監督と、来季は契約を更新しないことを
お知らせいたします。
原監督は、4年間の在任中にヤマザキナビスコカップ
優勝という、クラブに初のタイトルをもたらしてくれました。
さらに、就任当初から『攻撃サッカー』を掲げ、常にファンの
みなさまに楽しんでいただく試合をしようとする姿勢をもち、
まさに「強く、愛されるチームをめざして」を実現してくれました。
天皇杯は引き続き指揮を執ります。
元旦の国立にてビッグジャンプをみせてくれることと思います。
引き続きのご声援をよろしくお願いいたします。
なお、原監督からファンのみなさまへのあいさつの場を予定しております。
詳細が決まり次第、オフィシャルホームページにてご報告
いたします。

FC東京

先ほど、昨日のセレッソ戦の録画放送を見終わりました。
深夜にそっとこんばんは、橘です。

昨日(正確には一昨日ですか)は長居の空の下だったんですが、
私にとっては一日に色々詰め込まれた大変な日でした。
ゲームは優勝がかかる1試合。
セレッソには東京とはまた別の思いがありましたので、
(Jリーグをみるきっかけになったのがセレッソでしたから)
そういう意味で。
そして東京としては終わりよければすべてよしという意味と、
不穏な報道を拭い去る結果が欲しい、そういう意味とで。

試合中は、たとえどんなことになっても、
私には東京が一番というそのことにはかわりはないし、
精一杯声を出したつもりです。
特に・・・フロントへも届くように、ヒロミに届くように、
ハラトーキョーコールに(もちろん他のコールも)
声を張り上げました。
他には何もできなかったから。
正直、試合前に感じていたセレッソへの思いは消し飛んでいました。
ただ、目の前のおれたちの東京へ、おれたちのヒロミへ、
思いを乗せた熱を発することだけに夢中で。
なんだかジャッジも厳しく感じたし、審判に負けたくないという
気持ちも強かったかもしれないですが。
(冷静にリプレイを見ると一概に厳しいとも言い切れない部分も
ありましたけどね。)

そうしてギリギリまで張り詰めて闘いきった90分。
勝ちきることはできなかったけれど、諦めない気持ちが
十分に見て取れた試合ぶりへの満足感で、選手を、東京を
称えるに値すると・・いっそうの拍手を送りました。

しかし同時に涙がにじんで、ゴール裏で鼻水すすった東京サポは
私くらいのものかとも思います。
・・・試合中頭になかったこともあるし、
もっと割り切れていると思っていたので、正直自分に驚いて
その場に座り込んだりして。

そして訳がわからないままどっときた。

ゴメン、マジでゴメン、だけどウチの人たちは
ウチなりの気持ちで最後まで諦めなかったんだ。
タイトルがかかっていなくても、賞金がもらえる位置まで
微妙だったとしても、そんなこと関係なく最後を飾ろうと
その気持ちを一瞬たりとも下げなかった。

セレッソだって気持ちは強かったと思うけれど。
直接対決じゃなかったら、応援したんだろう。
・・だけどこういうことになった。

理屈でどうこう言えない。
ただゴメン、あふれるものと一緒に口をついていた。
私にとって、忘れられない1日になったのは言うまでもありません。

そして、そんな胸のうちで見たヒロミの姿。
選手と一緒に笑顔で応えて帰っていく。
続投続投といい続けるゴール裏を一瞬振り返った
その表情で、自分が気付かないうちに悟っていたのだろう。

今日の公式の知らせを見ても、最初は涙も出なかった。

あっ。

ただ、それだけだった。

昨日、気持ちも体力も使い切ったんだろうか。
どうしてだろう、逆にそういう疑問がわいて、
他の感想がなかった。
そして、昨日のゴール裏でのヒロミの背中を
思い出したのだった。

ああ。

そうしたら急にあふれて止まらなくて、
しばらく泣いた。
外をたたく雨つぶにも今更気付いて
余計に泣いた。

トーチュウの原語録をずっと眺めたりして・・
原東京と闘ってきた4年を思い返した。

弱きを助け、強気をくじいたり、
2年連続で偵察に来た反町監督を欺くために(?)
PSMも連続で負けてみたり、
そして思惑通り2年連続開幕でボコボコにしてみたり。
修学旅行みたいなスペイン遠征してみたり、
監督なのに選手より高いとジャンプの高さを誇ってみたり。
自転車で練習場に通ったり、ドトール奢ってみたり。

個人的なシュミと戦術と笑いと人情と・・何もかも
織り交ぜた、そこらへんにはそう存在しないイキな
東京を作り上げたと勝手に思った。

そうして少しずつ上向いて・・ナビスコもとれて・・。
ホーム最終節、川崎戦終了後の挨拶を聞いて、
今年は今までで本当に苦しい1年だったと思い返したこと、
そのときの1試合は1年反映したみたいな試合だった
と思ったこと。

波のないチームなんてそうそうあるわけがない。
いいときもあれば悪いときもある。

今年は、そういう苦しさを乗り越える1年だった。

終盤から気持ちとかいろんなものに地力が
ついて、来年上向いていくのに十分な下地になったと
そう思っていたところだ。

しかし、ハラトーキョーに来年はないらしい。

私は東京サポだ。監督が交代しても、
それは変わらないのだ。
いつかいつかと思っていた別れが今来ただけだ。
そう自分に言い聞かせて必死だけど。





原監督、ありがとう。
4年間、ムチャクチャ楽しかった。
セクシーでエキサイティングで、
ちょっとヘナチョコで粋で東京らしくて愛しかった。
どこにもない東京だった。

おつかれさまでした。

この先どうされるのかわかりませんが、
きっとまたダイスキなスペインリーグでも見て、
おいしいものでも食べて、W杯見て・・
サッカー界を泳がれるんじゃないかと勝手に
思っていますが。

そして、また出会うと信じています。

また、ウチの子たちと、サポと闘ってくれると
信じています。
今道が分かれてもこの先一つになる日がいつか来ると。
だから、サヨナラはいいません。



相変わらず涙は止まらないけれど。
今だけちょっと許して。
涙を許して。もう少しだけ。
posted by 橘 千蔭 at 01:11 | 秋田 ⛄ | Comment(10) | TrackBack(1) | サッカー
この記事へのコメント
Please thank the Entire team,
Posted by deYSN at 2008年08月06日 08:22
It looks like you really had a nice time,
Posted by qFvUj at 2008年08月06日 09:40
Good WorkFavorite Site Ever! I just Bookmarked,
Posted by zjYfZ at 2008年08月06日 19:55
Best wishes,
Posted by dXIOI at 2008年08月07日 08:07
Please thank the Entire team,
Posted by sBBzc at 2008年08月07日 15:14
Bookmark My Site,
Posted by gswzO at 2008年08月07日 16:34
Really Interesting, Inspiring Work,
Posted by iDyNg at 2008年08月07日 19:10
Bookmark My Site,
Posted by BLaUg at 2008年10月03日 19:39
Keep looking I have just read your site and quite frankly I have a large frog in my throat,
Posted by xZyBk at 2008年10月13日 05:56
zRM04J
Posted by DlVJU at 2009年01月18日 03:28
コメントを書く
お名前:

このコメントを非公開にする事も出来ます:
公開 非公開
ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10213226

Vs セレッソ大阪とか
Excerpt: 上川徹の右手があがり、05シーズンの終りを告げる笛の音がスタジアムに響き渡った時
Weblog: ハンチングひげ
Tracked: 2005-12-05 16:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。