2006年10月25日

澱む空を切り裂くノリオキャノン!味スタ濡らした歓喜のシャワーの巻。

こんにちはー橘です。や、いい天気ですね!
昨日までの雨が嘘のように秋晴れ。
そんな本日はうー21代表中国戦なぞがあったりする
わけなんですが、その事前予想とかそんなものをアタクシが
するわけもなく、今更空気も読まずにガンバ戦観戦記録で
ございます。

さて、そのガンバ戦
東京サポにはご存知のとおり、この日は単なるガンバ戦
ではなかったのですよ。
そう、ソシオのお友達ご招待デー。
いままでのアレから言ってガンバ戦はそれほど人が入らないので
対象になったと思われますが・・・
もうね、ご招待デーにイベントぶつけんのやめてくださいよ(T_T)

あじだすデーとかカツサンド引き換えとかシニアデーとか
平山ハンカチとか(違)

だって、どのイベントもいきなり来てどうにかなる
イベントじゃないですよね。
まあシニアデーは年齢さえ合致すれば別ですが。
おかげでめちゃめちゃ忙しかったスよ、試合前・・。

まず、私のご招待枠にガンバサポのお友達をお迎えしてたので、
駅前で待ち合わせ。
(しかし家を出る際に忘れ物して戻ってちょっと待たせちゃう
始末・・・あいも変わらずダメ人間ですみませぬ)

合流して味スタに向かうと、さすがに出足が早い。
ソシオと招待者が一般開門よりはやい同時刻に入れるので
いつもより混んでいたと思われます。

程なくしてスタに入ると、席を確保してさらにソシオカード
チェックとかその他イベントごとを先に済ませる。

○ソシオカードチェックを受けて選手カードとプレゼント応募用紙を
 もらって、来られない友人分も記入を済ませると、今回のプレゼント
 の目玉はモニモニコルセット(爆笑)(いや、誰かのスパイクも
 あったんですがモニモニのが「笑撃」すぎて覚えていない件)
○カツサンドのハズレ券でもらえる青赤トートバックはハズレ券を
 忘れてきたのでもらえませんでした_| ̄|○
 何のために真剣に3試合もカツサンド食ってたのかワカラン(T_T)
○あじだすデーのジグソーパズルはそのしょぼさもさることながら、
 ユウタの大事なお顔がちょうどピースの切れ目でとても残念な
 ことに(笑)←笑うな
○ネタと売り上げ貢献のために平山ハンカチをそっと購入。
 なるべく人がいないときを見計らったが、
 そばを通りかかった兄さんの「平山ハンカチ?いらねぇーー(笑」
 って声が痛かったですわぁ黒ハート←Mか 
 さらにはずかしくなってサインのとこを裏返してお店のおっちゃんに
 渡すも、おっちゃんはわざわざ元に返してサインがよーく見えるように
 高く掲げながら「テープだけでいい?」って聞いてきます。
 やーめーてええええーーー(T_T)
 それだけは袋に入れてくださいマジで_| ̄|○
 (そこまで恥ずかしいなら買うなよ)

で。さらにガンバ側のお友達に会うべく連絡を取り、
久しぶりのお二方へ(無論、ご招待したお友達にも)
※いやげものセットをムリヤリ進呈!

※いやげもの東京セット内訳
・バモスせんべい
・FC東京カレー

いやあ一度やってみたかったんだよねー!
アウェイのサポさんに自チームのグッヅ進呈(笑)
とはいえ、私なりに気を遣ってるのですヨ。
「どっちも食えばなくなる」という、残るものじゃないとこが
ポインツでございまふ。

しばし会話を楽しんだ後、お二人と別れて席に戻るともう
キックオフ30分前!イベントのある試合前はやはり何かと忙しい。

で、試合。
メンバーは
キーパー土肥さん(#1GK土肥洋一)
4バック右からトク(#25DF徳永悠平)
いのちゃん(#19MF伊野波雅彦)
モニモニ(#2DF茂庭照幸)
フジ(#8DF藤山竜仁)
ドイスボランチ右にうなぎ(#23MF梶山陽平)
左にのんのん(#6MF今野泰幸)
右アウトサイドにナオ(#18MF石川直宏)
左に戸田くん(#13FW戸田光洋)
トップ下にルー(#9FWルーカス)
ワントップでひらりん(#39FW平山相太)

控えに
しおしお(#22GK塩田仁史)
フミさん(#10MF三浦文丈)
ミヤちゃん(#16MF宮沢正史)
ノリオ(#15MF鈴木規郎)
ユウタ(#14MF馬場憂太)
ノブオパパ(#21FW川口信男)
阿部ちゃん(#11FW阿部吉朗)

っとぉー、控えに本職のDFがいません!
まあノリオがいるからどうということもないんですが。
ジャーンがカレー券(イエローカード)たまっておやすみなので
こういうときにソウタ(#38DF中澤聡太)とか出られてないのが
気になるといえば気になる。
まっちま(#5DF増嶋竜也)も怪我さえしてなかったら・・・。

てか、ノリオ!ノリオ〜〜〜!!!
うをー!(落ち着け)
松本で肩やっちゃってから長かったなぁ。
先発じゃないけど、きっと出番はくるよ!超・期待!!
そしてこれまた先発から外れたけど「おれのフミタケ」が
ベンチにいますよ黒ハート
きっと中年の妖精が幸せを運んでくるわぁ(謎)
さらにラブ黒ハートミヤザワ。
いやワタクシ、ボランチピープルですから(笑)
ってか阿部ちゃん、ノブオパパ、しおしお、ユウタ!
だって控えも全員期待なのよそうなのよ。

で、ガンバ。

キーパーはふじがや(#22GK藤ヶ谷陽介)
3バック右からシジ(#2DFシジクレイ)
恒さん(#5DF宮本恒靖)、サトスィー(#6DF山口智)
ドイスボランチにみょんみょん(#17MF明神智和)&
ハシくん(#27MF橋本英郎)
右アウトサイドに加地くん(#21MF加地亮)、
左にチョーさん(#14MF家長昭博)
トップ下にフタさん(#10MF二川孝広)
2トップにバン(#11FW播戸竜二)&
アウさんw(#9FWマグノアウベス)

控えは
おれたちの松代さん(#1GK松代直樹)
いりりん(#3DF入江徹)
サネさん(#4DF實好礼忠)
ちっさいおっさん(#8MFフェルナンジーニョ)
てらだ(#20MF寺田紳一)
ゴンちゃん(#19FW中山悟志)
一万(#16FW前田雅文)←この呼び名はどうなのか(だって前田は和也と和哉が)

もうね、誰もが思うでしょ加地くん!
加地くんをアワアワ言わしたいの!!
怨念のように(笑)加地くん加地くんと言ってた私の
溜飲が下がるのは加地くんをやっつけたときよ!!
・・・・まだ十分固執してますか?うふっ黒ハート←キモい

そうそう、今日はいとしのヤットがいないのでわき目を
ふる必要がないのもナイスです。
でも・・・ヤット・・・。
どこかで読んだ「(今回はさすがに)やばいかもしれん」と
ヤットがもらしたとかそういう記事、ちょっと胸にキましたし。
ガンバサポだったらもっともっと切なくて苦しいんじゃないかな。
私の立場でも十分すぎるほど切ないものね。
早くよくなるといいな。。。

それと、個人的には「おれたちの松代さん」から点をぶんどりたい!
いや、松代スーパーな伝説はさておいて、私は松代さん好きなんですよ!
好きな選手に勝ちたい。よって、松代さんに勝ちたい。
・・・・のに松代さん控えシクシク(T_T)
ふじがやが育っているのね・・。(なんか植物みたいだ、笑)

松代さん、ああ松代さん、松代さん。

おお一句。(違)

無駄話はさておき試合内容いきましょう。

いやーなんというか!
最初の10分くらいはまあまあよくやってるかな?
って思ったんですけーどー。
先制された直後もそれなりに攻撃してたかと思ったけーれーどー。
前半は時計が進むにつれて圧倒されちゃってもう。
もうーもうーもうー。牛だよ牛。←?

なんてか、右の攻撃が少ないんですね。
友人の話だと、やぱ加地くんよりかはまだ脆弱な感のある
チョーさんとこを突くがいいという話なのにそういうのは
ほとんどない。もっとナオに持たせて、トクがアップダウン
するとかそういうのがほしい。前に、このブログで
「トクには攻撃より守備をものすごくかっている」
と書いたことがあったんですけど、この日のトクについては
「守備に専念した」とかでなく「ただ、下がっている」だけの
ような気がして・・なんか不完全燃焼なカンジ。
そうなるくらいならいっそガンガン前に出てくれたほうが
まだいいような。

で。

加地くん側のほうはチーム全員固執してるんじゃないかっていう
くらいがっちがちにマーク(笑)
それといのちゃんはアウさんハァハァマンマーク(変態か)かと
思ったら、実はそうでもなくて、いのちゃんどころかDFラインは
それぞれのポジションが定まらないほどにチェンジしまくり。
状況に合わせたポジションチェンジでお互いをフォロー!
って言うんだったらよかったんだけど、あれはそうじゃないよねー。
どっちかっつーとアワアワだよねー。
それにパスの出し先が読まれてる。誰とかでなく、イージーな
ボールを放つようになってきてて・・・ああん、もうー!!(牛)

一方ガンバはバンがすごくいやで。
個人的にバンがあまり好きではない・・というのはおいといて、
いつもいやなとこにいる。私がFWを見るときの物差しのひとつに
「キーパーにボールが渡るそのときに、たとえ自分から遠かった
 としてもそこまで寄せていくかどうか」
というのがあるんですけど、バンはいつでもそう。
外国籍FWは割とそれが当たり前にやれてるのだけど、日本人は
そうでもなかったりすると思うの。だから、まずこれをやってる
選手には「おぉ」って思う。だーかーらーーーーーバンはやだ〜〜。
いつも狙ってるのがよくわかるよ。
ヤツにとられたのも頷けようもの(いや頷かないが!バンに
とられない試合が見たいT_T)

そしてウチはと言えば、パスをもらうのに止まって貰ったり
するのですぐケアに走られている気がする。
流れに乗って走りながら受けないとタテへ攻撃できないぜ!

まあそんな感じで半分唸りながら前半終了。

ハーフタイムも私のアタマの中には空いてるのになかなか
使えていない右がもやもやと浮かび、そこに
♪ミヤザワ〜ミヤザワ〜〜おれたちーのーミヤザワ〜〜
という声がどこからともなく・・(幻聴)
まあ要はミヤザワにサイドチェンジさせたいってことですが
(そう書けよ)

後半。

まず最初の交代はユウタ。
うぬ〜〜〜?ルーさんではご不満かー?むしろひらりんが・・
と思ったらひらりん→ユウタという交代だった!
なるほど、それでルーさんのワントップにシフトチェンジかー。
ただし、ここ最近のユウタが出た試合では受け手のことを
全く考えてないパスとか見てるので、なんとなく自分の中の盛り
上がりには欠けちゃったりもする。それはナカータ(中田英寿)の
ような鬼パス!っていう、そういう意味じゃなくてね。
あれは相手のことを考えてないんじゃなくて、
「ここくらい来れるだろ!?来い!」
っていう意味を含んでるはずだから、受け手が感じて動きさえすれば
絶対にチャンスメイクなはずで。だけど、ここ最近のユウタのは
そういう厳しさとかじゃないと思うのですよ。悪い意味でのオレ様的
というかね。でもねー・・・・感性で放つ思いもよらないパスを
持ってるんだから!思わず「うぉっ」と声が漏れてしまうような
技持ってるんだから!今日こそはそこに期待をかけたい。
こねてこねて、敵陣かき回せ!ユウタ!!

で、ユウタ投入の後は、やられそうでやられない、ギリギリの線と
時折の浮上できそうな何かの狭間をさまよって決め手に欠けたまま
時計は進む。

そして満を持して!
自分にひきつけたり、前から後ろに戻りつマークをし続けたりして
加地くんの消耗を誘い続けた戸田くんが下がり、
「加地兄ちゃんに勝ちたい♪」などとかわいいことを言ったりする(笑)
能天気ノリオにチェンジ!ノリオの球に当たったらイタイよ〜(笑)

会場のワクワクが一気に高まる中、数分後にはついにミヤザワも投入!

これは あ る よ ! (根拠なし)

いやホント、ここまでは2-0なわけだけど、逆転できるかどうか
おいといていい雰囲気になる!と思ったの。
誰でも怪我から復帰は十分ポジるべきだから当然だけれども、
それとは別にノリオはスタの雰囲気を一瞬にして変える。
あの重く鋭く当たるものに甚大な被害を与える球(笑)を蹴れるのは
ノリオだけよ!そして、存在だけでサポの気持ちを上げてくれる
ミヤザワ。曲がる変化球と左舷右舷を操るサイドチェンジの
気持ちよさ。これですよ!

その後ユウタのキープが効き目を表すにつれなんとなくウチのペースに
なってきた!2-0でも下を向いてないのもいい。

と思ったら突然ののんのんゴール!
のんのんにあんなトラップから冷静に流すゴールなんてあった?
ほんの少しだけど、あの流す瞬間、今年早い時期に等々力で見た
ノブオパパのゴールを思い出した。

しかしホヤホヤしてる暇も与えられないほど速い次の展開に絶叫!
ノリオが持った瞬間確かに期待はしたけれど、あんなの撃つなんてー!
まさにキャノン!!火を吹いたぜドライブ!!
のりおおおおおおおおおおおおおおお(全壊)

先日トーチュウさまで
「アウエーだったんで広島戦はちゃんと見てないけど、
 特に負けの原因はないと思いますよ。だれが悪いとかいうことでもない。
 浦和とか強いチームだけど、Jリーグではどのチームも、力の差はないと思う」
と断言。前向きで楽観的な言葉ばかりを口にした。


とかいう非常に能天気なのか何も考えてないのか頭の痛い感じの
発言してたときは心配でタマランかったのだけど、
(大敗したあとで負けの原因がないなんてありえないでしょう。
負けの原因がわからない、ならともかくと思ってこれはヤバイ、
ノリオ大丈夫か!と心配になったわけで・・)
この1発見て思った。

「ワカッタ!出たら絶対に決める自信があったんだな?
 こないだは本当に言葉どおりに思ってて、その上でもし自分が
 出たらすぐにでもこれまでの空気を覆す自信があったんだなー!?
 オウケイ、好きにやれーー(>_<)b」

とかね(笑)

もうここまできちゃったら選手もサポも止まらないぜ、
みたいなのが味スタに充満。ワタクシなんぞはナオの3点目なんて
よく覚えていないほど壊れて壊れてそりゃもう大変でした(笑)
けど、3点目が決まって大騒ぎした直後。急に目がさえて、
このリードをいかに死守するか、そこがこれからへ繋がるかの
鍵になる!とか思い始めちゃう。
多分、今年のこれまでの試合ならセーフティにボール回して
やり過ごしたろう。私は個人的にそういうプレーが勝ちきる
ために重要でも好きじゃない性質なので
「ふざけんな!最後までつっこめ!」
とかけっこうアレなこと言ったりしてたんですけど(^_^;)
そういうのを私が思うまでもなく続き、きっと選手もセーフティ
とか考える暇もなく、最後まで燃焼しつくしたんだと思う。
それって、ウチの子らが必死にやった結果もあるけど、ガンバも
ロスタイムのその瞬間まで途切れない何かで走り続けたからなんだと
思う。相手の気迫がウチをも走らせたんじゃないのかなー。

後半途中から聞こえ始めたユルネバもきっと闘志奮い立つ
後押ししてたよ。ひとりじゃない。
(てか、私のほうがこれにぐっときすぎてウルウルしてヤバかったですたらーっ(汗))

濃縮された、いい時間をすごせたと思う。
ともに、アリガトウ。

で、試合後の記事とかなんですが、
おれたちの365日ゴール裏のナオの「シャー!」写真がグッジョブ
なのでまだ見てない人はぜひ黒ハート
なんつか、ナオは「シャー!」やることの虜になってる気すらします(笑)
その調子でガンガンいってくれー♪

そしてトーチュウさまですが
■自画自賛
大逆転の口火を切る1点目を決めたMF今野は
「あれでスタジアムの雰囲気が変わった」と自画自賛。
 後半32分、左サイドからのパスを右足でトラップ。
 飛び出したGKと入れ替わる形で、無人のゴールに流し込んだ。
 昨季最終節のC大阪戦で同点ゴールを決め、結果的にG大阪の初優勝を
“アシスト”。
「去年はG大阪に優勝させた。今年は簡単に優勝させるわけにはいかない。
 次は浦和の監督が悲しい顔をすると思う」と上位イジメを誓った。

ちょっとちょっと自画自賛て(笑)
てか、のんのんが謙虚キャラじゃなくなってるし(爆笑)
「浦和の監督が悲しい顔をすると思う」なにこの自信(笑)
いつも思うけど、謙虚と自信のふり幅が大きすぎるのはなんなの(^_^;)

さらに
倉又監督が「加地が疲れるのを待っていた」と狙いを定めた

よっぽどのことがないとなかなか疲れてくれない加地くんを
疲れさすことができたのは、知りつくした倉又さんだったからかな。
今思うと、前半「空いた右をなかなか使わなかった」のではなく、
「左を突き続けることで加地くんに疲労をもたらすのが狙い」
だったのかなと。
倉又さんたら策士〜〜黒ハート

■平山ひとり蚊帳の外 後半9分交代、逆転劇はベンチで
 逆転勝ちに沸く中、FW平山は蚊帳の外。
 期待された役割を果たせず後半9分で交代。
 逆転劇はベンチから見守った。動きが重く、
 シュートは1本だけで、ポストプレーも不十分。
 平山は「タイミングとか癖を読まれた。(出来が)悪かった」
 と言葉少なだった。

蚊帳の外だなんてちょっと言ってほしくはないけど・・・。
そう言われてしまう働きなのだと反省を生かしてもらえたら。
ガンバレ!

■西野監督『平山がそのままいてほしかった』連覇に暗雲
 悪い予感が見事に的中した。楽勝ムードのハーフタイム。
「このままでは危ない…」。西野監督は選手に「3点目を早く取れ」と
 指示を出したが、DFラインは下がり、攻撃も散発。案の定、
 後半32分から“7分間の悲劇”に見舞われた。
 ポイントは後半9分、東京FW平山の交代だった。
 それまで平山封じは完ぺきだったが、交代後の東京の攻撃への対策は
 あまりにお粗末。
「平山が代わって『ヤダな』と思った。できればそのままいてほしかった」。
 試合後の会見場で、西野監督の本音に失笑が漏れた。

ひらりんがなめられすぎなのが_| ̄|○
いや、しょうがないんだけど・・・。このアキラのコメントを
屈辱に感じてもらわないと。

てか、アキラに関してはいつも思うのがゴンちゃんの投入時間。
もっと早くてもいいんじゃないのかなあと。
あとちっさいおっさんのキープがどれほど脅威か・・・は
わかってるに決まってるけど、もったいないよなあと思う。
フタさんと被るのかもしれないけれど、共存はないのかー。
まあ去年は必ずどちらか痛んでたので、どちらも使えていたのは
わかるけど、戦略として一緒に使ってみるのはなし?
ワントップに2シャドーとかで。
(あ、でもバンを最初から使いたいから2トップなんだろね・・うむぅ)

とにかく。
両者お疲れさまでした。この日の夜を濡らした歓喜のシャワーも、
切ない雨も、もう止んでる。
また次の戦いを目指して、お互いがんばりましょー!


posted by 橘 千蔭 at 15:06 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

このコメントを非公開にする事も出来ます:
公開 非公開
ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。