2004年02月05日

さりゆくもの。

AIBOもついに・・。

まあ、店頭販売しなくなるというだけなので、電話とネットで
販売継続はされるようですが・・。

一時はドラマの主人公の部屋にいたりして、話題沸騰なカンジ
でしたけど、こうやってまたひとつのモノがゆっくりと去って
いくのかなあ。亀の子ダワシみたいな、地味でも絶対なくならない
(なくなるかもしれないし、わかりませんけど)ようなものって
そうそうないので、これもまたあるべき姿なのかもしれませんが。

ただ、これが「ものづくり」のひとつとして世に大きく貢献したと
思うので、その道筋だけはしっかりと踏み固めて次への礎になって
もらいたいのです。伝統工芸だけがものづくりではないし、
かといってこういうロボットだけに限るものでもない。

・・まるで今すぐ消え行くかのよーな記事になってしまいましたが(汗)
(消滅するわけではない・・)

おととし江戸東京博物館でやってたホンダとソニーの企画展みたいなカンジで、今後歴史のひとつになるのかなということで。


posted by 橘 千蔭 at 10:12 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

このコメントを非公開にする事も出来ます:
公開 非公開
ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。