2007年03月20日

キッチリ押さえた失点ゼロ!オレンジの太陽はおれたちに輝く!の巻

えー、橘でございます。広島戦で泣き濡れて、ズビロ戦まで
泣き濡れて・・なんか、いないわよ!
三十路をなめんなよ!!とかいう痛いオープニングで今年の
観戦記スタート。
急ですが開幕はスルーして2節と3節の観戦記連投しますよw
ではいってみよー

開幕ションボリだったからってなんだってんだーい!
どうせ広島なんか今までだって苦手でほとんど勝てたためし
ないんだし、織り込み済みよ!(いいのかそれで・・
てか、今年は始まったばかりだぜー!イエース!!

・・・・と無駄なテンションで行ってまいりました
第2節大宮戦@埼玉スタジアム2002。
大宮戦アウェイで埼スタ・・・これで今年は駒場での試合が
ないと、そう思っていいのですよね。まさかウィーアー戦が
駒場なわけないですよねw
と、そこからしていつもと違う大宮戦なのですが、これが
影響してスタンドの住み分けもいつもとは違う様相。

当然のことながらウィーアー戦でなら通常のホーム側にはウィーアー、
アウェイ側には東京、となってますが大宮は埼スタでの陣地を
固定しているため、(つまり埼玉ダービーではホーム側が必ず
ウィーアーアウェイ側が必ず大宮ということらしい)
通常のホーム側→東京、通常のアウェイ側→大宮
ということになってます。なるほどー、普段ウィーアーの人
からはこんな風に見えているのかー!などと、ほんのり
ウィーアー気分。

とりあえず駒場の大宮戦よりは食事がしょぼかったです。
ナッカリ・・・。まあ大宮側はよかったのかもしれません
がねー。それともアタシが知らないだけで、アウェイゴル裏
にもおいしいものとかあったんでしょうか。
まあパルミジャーノカレーはおいしいからいいか。。。
(でもこれウィーアー戦でも食べれるもんなぁ)

まあアタシの食い気はおいといて、本題。
布陣は4−4−1−1。
キーパー土肥さん(#1GK土肥洋一)
4バック左から浄さま(#17DF金沢浄)
フジ(#8DF藤山竜仁)、トク(#25DF徳永悠平)
いのちゃん(#19DF伊野波雅彦)
ドイスボランチ左にのんのん(#6MF今野泰幸)
右にフク(#37MF福西崇史)
左アウトサイドにノリオ(#15MF鈴木規郎)
トップ下にまろんちゃん(#27MF栗澤僚一)
右にナオ(#18MF石川直宏)
ワントップでジャンボ(#13FW平山相太)

控えに
しおしお(#22GK塩田仁史)
ウドちゃん(#3DFエバウド)
ウナギ(#23MF梶山陽平)
ユウタ(#14MF馬場憂太)
みねね(#24FW赤嶺真吾)
ノブオパパ(#20FW川口信男)
チョッペたん(#10FWワンチョペ)

きたわー。もう浄さまは完璧ね!治ったね!!
ウキウキです。規郎と浄さまの左サイドはいい。
ノリオが無理して守らなくてもいいし(いやちょっとは守れw)
そしてまろんちゃん。気の効いたパスが出ることに期待。
まあルーさんがいないのはちょっとさびしいんだけど、
風邪ひいて、ねんねー(古)なので。

ウナギの寝違いもとりあえずサブに入れるくらいには
いいようなのでね。寝違いウナギ・・・。
首があさってむいてても顔色かわらなそうでこわいw←おい!
ノールックするつもりないのに常にノールックパス(友人談w)
になっちゃうミラクルウナギとか見れるんだろうか。
無駄な期待感ばかり募るサブです。

一方の大宮は

キーパー荒谷(#1GK荒谷弘樹)
西村(#18DF西村卓朗)、レアンドロ(#3DFレアンドロ)
筋肉バカw(#6DF片岡洋介)、ぽっぽー(#4DF波戸康広)
さえき(#7MF佐伯直哉)、
ダイゴじゃないコバヤシ(#32MF小林慶行)
チカラ(#11MF藤本主税)、ハヤト(#17MF橋本早十)
ダイゴ(#8FW小林大悟)、エニュー(10FWエニウトン)
控えは
エスミくん(#21GK江角浩司)
おくのさん(#2DF奥野誠一郎)
トミー(#5DF冨田大介)
斉藤(#15MF斉藤雅人)
アリー(#16FWアリソン)
おれたちのワカバーヤシー(#13FW若林学)
コウタ(#9FW吉原宏太)

あ、そういやダイゴじゃないコバヤシいるんだった。
やだなー緑っぽく削ってくるからやだなー(その言い草はよせ
まあつまり激しいっつーか危ないっつーか。
バイオレンス・ハヤシケンタロと類友な感じですよね。
やだなーやだなー。浄さまのお友達でもやだなー。

ってかなんだよ!おれたちのワカバーヤシーがサブなのかよ!
って、若林が何故そういう呼び名なのかは
元栃木SCの選手だということから察してくださいw←栃木好き
おれたちのワカバーヤシー♪

大宮はウィーアーや緑と同じで選手が入場する前の状態を
ビジョンに映す。おかげで入場前から早くも後頭部にフクの
洗礼を受ける佐伯とか、その佐伯をどつきながら
「笑顔でアタック!春高バレー(゚∀゚)!」
並の笑顔を披露するフクだとか、恐ろしげな映像が堪能
できたりするわけでwダイゴじゃないコバヤシとなごやかに
談笑する浄さまとかね。

やっぱ入場直前の様子を流すチームはいいなぁ・・
試合前の牽制具合とかいろいろ見れるもんね。
うちもやるといいのになー。さして他のチームが
うらやましいと思ったことはないのだけど(食い物は除く)、
これはいいなと思うのでした。

さて内容。

ゲームキャプテンのんのん。
いや、初めて見るわけでもないけれども。
U-20くらい?年代別代表のときはずっとそうだったけど、
思えばあの頃アタシはのんのんのことを
「口も開かないキャプテン」と思って、全く信用して
いなかった。なーにがプレーで引っ張るだよ。そういうのは
経験重ねた人ならまだともかく、おまいのごとき若輩者が
言うことじゃないっつの、とか思ってました(酷)
・・・それが・・ねぇ・・・
身振り手振りで指示なんか出しちゃって、思わず
「ヤス、かっこいい・・・・黒ハート」←ヤスっていうな
とか口から出ちゃってましたがwwwちかげキモいwwww
ところがそれだけで終わらないキャプテン★ヤス←・・・
アウェイ側でのゴールだったから肉眼でしっかり確認!という
わけにはいかなかったのでTVの録画で確認したわけですが、
ナオのクロスにヘッドでループ。
まっすぐヘッドをぶち込んでたらキーパーに阻まれている
ところ。ヘッドなのにループって難しいんじゃないの?
冷静でいた証拠じゃないのかな・・・。
たまらん。タマランチ会長。←サマランチ

キャプテンであるということを必要以上に受け止めすぎて、
苦しむのじゃないかと思っていたけど、杞憂だったよう。
責任を負うということが必ずしも重圧ではないことに
ほっとした。いや、これが負けゲームだったとしてもどうか、
そのときじゃないと本当に杞憂だったのかわかるものでは
ないと思うけれど、
今負けることを考えるのは違うよね。
次節もキャプテンかどうかはわからないけれど、
そうでなくてもきっとこの日がのんのんをのばすひと匙と
なるはず。
これからのプレーに繋がるんだと思う。
あーやっぱのんのんが好きだー(笑
まさにヤスだね★←まさにガスだね

でもさ、でもさ。
せっかくヒーローインタビューなのに!
(正直フクに持ってかれるかと思った件)
ゴル裏に来てもまたしてもシャーをやってくれない・・・。
恥ずかしがり屋もいい加減にして欲しいと思う今日この頃。
ウチの人は活躍したらやるんだよ!絶対やるんだってば!!
一種セレモニーなんだから。アマから引き継いだ伝統
なんだから!
(アマより前はあったかなかったかも知らないwのでアマから
って書いてみた)
ナオなんかやる前から腕ぶん回しながらゴル裏に飛んでくるぜー。
(そこまでしなくていいがw)
ウナギだって広報に教わりつつもおずおずとやったんだから。

こうなったらシャーの達人フミタケに小平で練習見てもらうと
いいんジャマイカ。シャーの練習。略してシャー練。←略すな
どうしてもやらなんだら、両側から腕つかんでムリヤリ
やらせるがいいかしら。土肥さんあたりが羽交い絞めて。
一回やったら楽しすぎることがわかるはずだからねー。
とにかく一度、やらせたい。もちろんそのうちフクにもね。

と、そのフク。フクゴールすごかった・・・。
新聞各紙でも「角度のないゴール」とあるけれど、それ以上に
アタシの目にはマイナスの位置気味に見えていたから。
だからわが目を疑いながらも大喜び。そして祭。
さらに・・・・フクのゴール後のパフォにはちょっと、
というかかなり、心が動いた。
試合後のコメントでは「37を強調したかった」という話
のようだったけど、「東京の37!」ってことよね。
アタシの中で開幕時点でもフクにはいまだ思い入れられない
ような、なんていうか薄い気持ちでいたものが、瞬間、カッと
熱を帯びたというか。背中を見つめるだけのものを振り
向かせたような・・
そんな気持ち。まあもしかしたらそんな深い意味ないのかも
しれないけど、アタシにとっては「ジュビロの福西」のまま
だったから。
・・あのパフォーマンスでなんとなく一区切りついたような
気がしたの。ありがと、フク。
これから、もっともっと一緒に熱くなろうぜ。

ジャンボ、氏・・・いやいやいや(・∀・)<ナンデモナイヨー
瞬間的にウナギがのり移ったようなキープしたときが
あったので、まあかわいいよかわいいよ。←棒読み?
試合にゃ関係ないですが一言。
ウナギを助手席に乗せて 携 帯 預 け る な w
彼女か!(タカ&トシ
ふんとにもー、ウナギってば甘やかしすぎ!
もっとビシビシしてやって!!

てゆかジャンボ他にいうことないのかアタシ。←ない

途中出場のチョッペたんはアタシから見ても動きが妙で・・
いや、ウナギとかみたいにヘナヘナにょろにょろしている!
とかそういうんじゃないの。
なんとなーく漂ってるのに急にガッ!と振り向いたりとか、
そばにいたら「ハウッ(;゚Д゚)」とか驚きそうな。
守備するんだか攻撃するんだかキープするんだかパス
出すんだか、全く持ってわからん。あ、言いすぎ?(^_^;
つーかね、いいんだか悪いんだかもよくわかんない。。。
評価しにくいっす。

ま、短時間だったと言うのと未だ本調子でないということを
考慮すれば、あれで評価できないのはもちろんだと思うけども。
そういうの抜きにしても測りがたいね。
本調子ならどうなっちゃうんだろう?
ヒロミがいいパサーをつけると劇的に変わるんではとか
言ってたけど、そういうもんかしらね。やぱそれってユウタ?
チョッペたんとセット扱い?w

アタシとしては丁寧な仕事するまろんちゃんとかにょろつく
ウナギのトップ下とかの方が圧倒的に好みなので、チョッペたん
出すならパサーは絶対ユウタ、とかだとかなり使いにくい
かなぁと思うのですが。といっても必ずユウタ、とか
そういうのって憶測だし、さらにいうと自分の趣味の問題も
含んでる意見なのでwあまり強くいう話じゃないけど。
とにかく、チョッペたん個人としちゃもっとあらゆる意味で
融通効く感じであって欲しいというのが本音。
そうい部分を持ってるなら早く見たいし、持ってないなら、
東京サッカーに融合していくための学ぶべき要素として
そういうことを気にして欲しい。

あとトクね。すごいんですよ。ヒロミが戻ってきて、
土に還りすぎて埋もれてたのを一生懸命掘り起こしてもらった
せいか(笑)、TMから違うと思ったけど、それにしても
クヲリティが試合ごとに相当戻ってきてる。
格段に違う。たとえばね、フジは基本的にすごいがんばってる
と思うんだけど、それでもちょっと小さいからジャンプしても
高さが追いつかないこともあるよね。そういうときのカバーに
目を見張るものがあって。

今回、フジがゴールを目の前にして向かい合わせに敵と
競ったときにちょうどその高さのずれが生じちゃって・・
ヤバイ!?っていうときね。
その敵の後ろにすっと入って体張りながらボールを守った
とこがね、もうねぇ!当たり前のことだけど、それが
ものすごくすんなりとできてる。意識してないみたいな
ナチュラルさ。つーか美しいの!(褒めすぎか?w
でもそうなの、そういう硬い感じの守備をかってたのよ
アタシは!
別に加地くんと同じことをとか、攻撃力とか、そういうの
じゃないの。
(攻撃力を期待してる人は多いみたいだがアタシは違う)
安心して任せられる守備をトクには期待してたの。

土に還って1年たち、そこから東京に戻ってきてどうかと
思ったらずっと土に還ったまんまっつーか、クヲリティが
がくっと落ちて加地くんと競ってた頃のトクじゃないやい〜
つ;Д`)・*゚.とか
思ってたのにこんな戻ってくるもんか。うーんすごい。
ヒロミがきてから一番驚いたのってある意味そこかも
しれないな。

で、あとは箇条書きでw

・チクショウ、ハヤトいいボール持ってやがる。
・ダ○ゴ頼みのク○サッカーじゃなくなってた!
 のんのんがガチでダイゴについてたというのを抜きにしても、
 程よく分散してた気がする。以前より。
・チカラ切れるの早すぎ。仮にもキャプテソでしょ。
・同じくエニューとかも。まあ大宮加入当時のGOGOバレーの比
 ではないがwww
・コウタは相変わらず途中投入。おれたちのワカバーヤシーも。
・リスがこっちこねええええええ
・土肥さんよみがえってきた!?
 でもアタシ的にはスーパー土肥さんにはもうちょっと
 という感じ。
・のんのんから左前線にいたまろんちゃんへダイレクトロング
 フィードが決まったあたりはさすがヤス・クリラインって
 感じで。
 つうかキモス友情ライン。略してキモライン←おい!
・前節からフジのその驚異のボール奪取には目を奪われ
 まくりんぐなわけですが、このたび、そのボール奪取の
 エロさに敬意を表して
 「2代目・中年の妖精」を襲名さすことに決定しました。
 フジ、可憐だわぁ黒ハート←もう黙れ
・フクの個人的なコールも8・9・3!8・9・3!に決定しました。
・ずっといい続けているのだけど、ナオが左側にチェンジ
 するときってちょっと好き。シンプルにズバンとシュートを
 打つから。

ま、そんなとこですかねぃ。
今回は守備に相当重点おいたようなので、物足りない部分も
あったと思うんだけど、アウェイであそこまでやれたら
十分かな。今はね。
ちょっとずつ積み重ねていけばいいと思います。
posted by 橘 千蔭 at 17:17 | 秋田 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

このコメントを非公開にする事も出来ます:
公開 非公開
ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/36433209
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。