2004年09月22日

いい加減に仙台っ!!

青葉城、広瀬川ーーーっ!!!(寒)

この口上を知っている方は、
その場でそっとほくそえみましょう。
アナタと私の秘密です(笑)

さて、

ライブドアに続いて楽天も本拠地を仙台に

だそうですよ。

仙台市長としてはちょっと嬉しいのかな?
うわ〜人気でちゃってニヤニヤ!みたいな。

しかしなあ。
二番煎じな感じは否めないですよね。楽天。
野球界参入宣言したときも

「このまねっこしぃ〜が!」

って思ったんですけど、
ここまでやるとは。

そんな金あったら

鳥栖につぎ込め!!!!

(もしくはかりゆしでもいい)

神戸にはこれ以上いいから。
(ちょいとばかし僻み、笑)

そりゃあ私としては東北出身でありますから、
仙台が賑わうのは嬉しいですよ。
ベガベガ(ベガルタ仙台)と一緒になって
北を盛り上げてくれればいうことないです。

ですが、なんかやり方がイヤ。
早い者勝ちじゃないんだからとかのたもうてますが、
そんなに自信あんのかアンタ。
んじゃ見せてもらおうじゃないの。
負けても共同出資とかうまいこといわないでね。
posted by 橘 千蔭 at 21:40 | 秋田 ☁ | Comment(3) | TrackBack(2) | その他スポーツ
この記事へのコメント
ごぶさたしております。
「四国」をお忘れなく。(爆)
大塚あんど愛媛FCのJ2昇格祈願。
Posted by ちゃれんじ at 2004年09月22日 23:03
まあ、政令指定都市で野球チームないところも少なくなってしまったから(残りは仙台・さいたま・川崎・京都・北九州)バッティングすることもあるでしょう。ホームタウンは100万都市クラス以上じゃないと動員的に厳しいですよ(ロッテの例をry)。なにせ、Jリーグとは試合数が違うから。

個人的には楽天は当て馬だと思う。2チーム参入希望で1チームが保護地域問題で折り合いつかず断念だと、三方丸く収まると思わない?そもそも2球団承認しちゃったらまた奇数になっちゃうし。なんかそんなにおいがするんだわ。ややこしい業界だこと。
Posted by oblivion at 2004年09月23日 00:45
ちゃれんじさん、どもども!こんばんはー!
>「四国」をお忘れなく。(爆)

うっ!ごもっとも。でもなんとなくですけど、
大塚も愛媛FCもだいじょぶなんじゃないかなーって気がしてます。
それほど問題がないような・・
(私が知らないだけであるんでしょうね、汗・・勉強しなおしますっ)
私は実は四国のチームは見たことがないんで、
(JFLは関東チーム以外だとHondaFCとSC鳥取のみ)
上がってきてくれたらいいなあと思ってますよ〜。
大塚なんてJFLぶっちぎりだから、かなり有望ではないでしょうか?
わたしがちょっとスキなHondaFCの上をいってるようですし〜。
とにかく楽天だろうがライブドアだろうがサッカーにも、もっと投資してほしいです。

oblivionさん、こんばんはっ!!
>ホームタウンは100万都市クラス以上じゃないと動員的に厳しいですよ

なるほど・・そうか・・うむむ。
たしかにJリーグとは試合数がぐんと違いますよね!
当て馬という話ですが、それもなんだか頷けます。
球界の話題づくりに一役買ったような形なんでしょうか?
ミキティ(三木谷社長)が何を考えてるのか
よくわからないですけど・・。
同じIT企業だから張り合って大して思ってもないこと
言い出しちゃっただけかと思っちゃったんですよね。
でもたしかにやる気はあるけどダメだった!
っていうほうがハクはつくかも。何もしないよりは。
たしかサッカーのときに
「これからはサッカーで、野球じゃない」
みたいなことをいっていたような気がするんですが・・どうなんですかね・・
Posted by ちかげ at 2004年09月23日 01:42
コメントを書く
お名前:

このコメントを非公開にする事も出来ます:
公開 非公開
ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/650257

楽天は仙台へ行きました
Excerpt: 昨日は長野じゃないかと書いていた楽天の行き先がなんと仙台。
Weblog: OWL-611-Silent
Tracked: 2004-09-22 22:28

驚きの楽天新球団設立
Excerpt: やっぱりやってきましたよ、楽天が。 プロ野球への新規参入を目指すインターネット(IT)仮想商店街大手、楽天の三木谷浩史社長は22日
Weblog: kodohfactory@nifty:書きなぐり!
Tracked: 2004-09-23 13:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。